お腹の中から健康になるための乳酸菌サプリ情報局
お腹イキイキ乳酸菌サプリ比較ランキング
サプリカタログ
お試しレポ
乳酸菌のキホン
効果で選ぶ乳酸菌サプリBEST5
HOME » 善玉菌(=乳酸菌)のキホンをおさらい » カラダへの効果

カラダへの効果

善玉菌の一種である乳酸菌のもたらす効果について詳しくご紹介しておきます。

乳酸菌がカラダに与える効果ってどんなもの?

乳酸菌がカラダへ与える効果はさまざま。特に注目されている効果としては、以下の7つが挙げられます。

1:腸内フローラのバランス改善

善玉菌の一種である乳酸菌が作る乳酸、ビフィズス菌が作る乳酸と酢酸は腸内を弱酸性にしてくれます。

これは善玉菌にとっては住みやすい環境、悪玉菌にとっては住みにくい環境を作り出してくれます。

2:便秘の予防改善効果

善玉菌が作り出す乳酸や酢酸は有機酸と総称されますが、この有機酸は腸の蠕動運動を促進する作用があります。

さらに、乳酸菌自体は食物繊維と同じように便の成分となり、便の容量を増やしています。

3:下痢の予防

善玉菌の作る有機酸によって腸内が弱酸性に保たれると、病原菌の繁殖を抑えることに繋がり、細菌による下痢を防ぐ効果があります。

4:発がんリスクの低減

便秘は大腸ガンや乳ガンを促進すると考えられていて、整腸作用のある乳酸菌はガン予防にも効果を発揮すると言われています。

乳酸菌の一種は、変異原物質という発ガンを導く性質のある物質を体外に排出したり、体内の免疫力を高めることによって発ガンリスクを低減してくれます。

5:免疫力の調整作用

ある種の乳酸菌は、腸の免疫組織を刺激して免疫細胞を活性化させたり、調整する働きがあるとされています。

ナチュラルキラー細胞やIgA抗体を作り出す機能を活発にし、免疫力の調整機能を保持してくれるのです。

また、花粉症等のアレルギー症状を緩和する働きがあることも報告されています。

6:コレステロール低減作用

乳酸菌の中にはコレステロールを吸着する性質を持つものがあります。

乳酸菌が腸管内でコレステロールの生成にかかわる胆汁酸を吸着するため、減った胆汁酸を補おうとして肝臓内のコレステロールの代謝が促進されます。

7:美容効果

便秘になると新陳代謝が落ちて血行が滞り、肌のハリやツヤが失われてしまいます。

また、腸内で増えた悪玉菌や悪玉菌が作った有害物質が血液を通して全身に回るので、吹き出物や肌荒れ、シミ、肩こり、頭痛などの症状を引き起こします。

乳酸菌によって便秘が解消されると、体内の毒素が排出されて血行が良くなり、
酸素や栄養成分がきちんと体の隅々に届くようになるので、結果的に肌をキレイにすることに繋がっていきます。

さらに、一種の乳酸菌はビタミンのビオチンを合成したり、ステロイドホルモンの合成も助けています。


ざっと挙げてみただけでも、善玉菌によってこれだけの効果がもたらされています。

逆に言えば、悪玉菌が増えて善玉菌が減ると上記したような症状に悩まされることになる、ということです。

若々しく元気な体であり続けるためには、善玉菌を増やして腸内環境を良好な状態に保つことが欠かせません。

 
pagetop