お腹の中から健康になるための乳酸菌サプリ情報局
お腹イキイキ乳酸菌サプリ比較ランキング
サプリカタログ
お試しレポ
乳酸菌のキホン
効果で選ぶ乳酸菌サプリBEST5
HOME » 善玉菌(=乳酸菌)のキホンをおさらい » 善玉菌と悪玉菌の関係

善玉菌と悪玉菌の関係

人間の腸内にいる善玉菌と悪玉菌とはそもそもどういう菌なのか、体にどのような影響を及ぼしているのかなど、基本的な知識をまとめておきます。

善玉菌と悪玉菌の基礎知識

私たちの腸内には、現在確認されているだけでも数百種類もの細菌が棲息しており、数にすると100兆個以上とも言われています。
この腸内細菌は、私達が食べた食べ物を栄養源として腸内で生活をしています。

これらの菌は大きく分けて、善玉菌・悪玉菌の2種類に分類することができます。

善玉菌とは、体に有益に働いて健康維持に繋がる細菌のことを指します。この善玉菌は、糖分や食物繊維を発酵させてエネルギーを得て生きています。
種類としては、乳酸を作り出す菌(ビフィズス菌やユーバクテリウムなど)や酢酸・酪酸を作り出す菌(ルミノコッカスやコプロコッカスなど)があります。

一方の悪玉菌は、大腸菌やウォルシュ菌、ブドウ球菌などがあります。
悪玉菌は主に腸内のタンパク質をエサにして腐敗をおこし、アンモニアやインドール、スカトール、
さらに発がん物質のフェノール、硫化水素、アミンなどの様々な有害物質を作りだします。

善玉菌と悪玉菌は種類ごとに固まって、腸内のあちこちに隙間無く縄張りを作って生活しています。この様子を腸内フローラ(お花畑)といいます。
両者は仲良く平和共存しているわけではなく、互いに機会があれば自分達の縄張りを増やそうと絶えず闘争し続けています。
腸内細菌が住む場所には限りがあり空いている場所はありませんから、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、悪玉菌が増えると善玉菌は減るという関係にあるのです。

善玉菌を優勢にするためには

注意したいのは、悪玉菌が優勢になると上述したように体内に様々な有害物質を溜めこむことになってしまうということです。
悪玉菌の作り出す有害物質は、便秘などで長い間排泄されずにいると少しずつ腸内の細胞を傷つけていきます。
その結果、ガンになったり解毒器官である肝臓を弱らせるといったことに繋がっていくと言われています。

また、肝機能の低下は生活習慣病老化を引き起こす要因にもなり得ます。
さらに、悪玉菌は腸内をアルカリ性にして免疫機能を低下させます。
これを防ぐためには、やはり善玉菌が優勢な状態に腸内フローラを整えることが肝心です。

ちなみに、腸内にはこの他にも日和見菌という菌が存在しています。
どっちつかずの菌とも言われており、善玉菌が優勢の時は善玉菌の味方をし、悪玉菌が優勢の時は悪玉菌の味方をするという性質の菌です。
この日和見菌を善玉菌の味方につけるためにも、常に善玉菌が優勢であることが求められます。

善玉菌優勢の腸内環境に保つことが健康維持・老化防止の秘訣

私達の腸内では、常に善玉菌と悪玉菌が自分達の勢力を広げようと戦い続けています。
健康維持や病気の予防のためには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすように食習慣や生活習慣を整えていく必要があります。

特に食生活はとても重要です。腸内環境を整える食物繊維の多い野菜を食べ、乳酸菌サプリなどを利用して乳酸菌の摂取量を増やし、
悪玉菌を増やしてしまう高脂肪・高タンパクな食事を控えめにしてバランスの良い食生活を心がけることが、善玉菌の優勢な腸内環境を作る近道となるのです。

 
pagetop