お腹の中から健康になるための乳酸菌サプリ情報局
お腹イキイキ乳酸菌サプリ比較ランキング
サプリカタログ
お試しレポ
乳酸菌のキホン
効果で選ぶ乳酸菌サプリBEST5
HOME » 乳酸菌サプリ選び3つの注目ポイント » 乳酸菌の生きている度に注目

乳酸菌の生きている度に注目

乳酸菌サプリ選びのポイントとして、生きたまま腸まで届く乳酸菌を選ぶことの必要性についてまとめておきます。

腸まで生きて届く乳酸菌の働きとは

効果の高い乳酸菌サプリを選びたいのであれば、「生きたまま腸まで届く乳酸菌を含んでいるかどうか」ということにも注目すべきです。

まず、乳酸菌はとても熱や酸に弱いものですから、ヨーグルトやサプリメントなどで経口摂取したものの多くは胃に到達した時に胃酸で死滅してしまいます。
もちろん、死んでしまった乳酸菌が役に立たないというわけではありません。
死んだ乳酸菌は、腸内にもともといる乳酸菌のエサとなって善玉菌を増殖させたり、悪玉菌による有害物質と結合して中和させる働きなどをしてくれています。

また、腸内に存在している「パイエル板」という免疫組織を刺激して免疫細胞を活性化させ、
ウイルスの感染やガンの原因となるガン細胞を抑制する働きもしていると言われています。

ただ、生きたままの乳酸菌にしかできない仕事もあるのです。
生きたままの乳酸菌が腸に届くと、糖分を分解して乳酸などの酸を発生し、悪玉菌の減少を促進させてくれます。
さらに、悪玉菌によって腸内に溜まった有害物質を体の外に出してくれる働きも担います。

このような働きは生きた乳酸菌にしかできません。
単純に考えてみても、死んだ菌より生きた菌の方がパワフルに働いてくれることは想像できますね。

そうはいっても、胃酸をかいくぐって腸まで生きて到達するということは普通の乳酸菌では難しいのです。
しかし現在では、乳酸菌に特殊加工をして「生きて腸まで届く乳酸菌」を含んだ食品やサプリメントが多数出回っていますから、
そのような工夫をした乳酸菌サプリを選べば、より高い健康効果を得ることができるというわけです。

 
pagetop