お腹の中から健康になるための乳酸菌サプリ情報局
お腹イキイキ乳酸菌サプリ比較ランキング
サプリカタログ
お試しレポ
乳酸菌のキホン
効果で選ぶ乳酸菌サプリBEST5
HOME » 乳酸菌サプリ選び3つの注目ポイント » 乳酸菌の数に注目

乳酸菌の数に注目

乳酸菌サプリメントを選ぶ時の一つ目のポイントとして、乳酸菌の必要摂取量や複数の乳酸菌を取り入れたほうが良い理由などをご紹介していきます。

配合されている乳酸菌数は多いほうが◎

乳酸菌を摂取することで、何らかの体質改善を狙うのであれば、1日の乳酸菌摂取量を増やすことが大切です。

現在のところ、摂取量の目安として具体的な数値が確定されているわけではないのですが、
乳酸菌研究の第一人者である光岡知足先生の提言では、腸内環境を変えるためには、1日1兆個以上の乳酸菌を摂るのが望ましいのだそうです。

なんでも、イタリアのギオンチェティという学者が、潰瘍性大腸炎の患者さんに
1日2兆個もの乳酸菌製剤を摂取させることで改善の効果が得られたという報告もあるのだとか。
こういった症例自体は他にも多々あるようです。
つまり、乳酸菌は大量摂取することで、単なる健康効果に留まらず、病気の改善にも効果が期待できるものだということなのです。

乳酸菌サプリメントを飲んでも、あまり便秘解消効果が実感できなかった…という方も多いかと思います。
そういった場合は、乳酸菌サプリメントに入っている乳酸菌量に注目して、なるべく菌量(数)の多いものを選んでみると良い効果が出るかもしれません。

複数の乳酸菌を一度に摂る方が効果的

乳酸菌とひとことで言っても、その種類はとても多く存在し、人間の体の中にも異なる種類の乳酸菌が色々な場所で様々な働きを行っています。

例えば、腸内で働く乳酸菌の代表格であるビフィズス菌
このビフィズス菌は主に大腸の中で乳酸や酢酸を作り出し悪玉菌の棲息しにくい環境を作ったり、殺菌作用で悪玉菌を減少させる働きをしています。

フェカリス菌という乳酸菌は、小腸から大腸まで腸内全体で働き、善玉菌のエサになります。
すると善玉菌が増えたり、腸内の免疫システムを刺激して免疫細胞を活性化させることに繋がります。
結果として白血球を強化して免疫力を向上させてくれているのです。

他にも、ロイテリ菌という乳酸菌は虫歯予防、アシドフィルス菌はカンジタ症予防の働きを担っているとも言われているようです。

このように、働きの異なる乳酸菌を複数摂取することで体全体の健康を守ることができるのです。

乳酸菌にも相性があります

また、乳酸菌との相性は人によって異なるものです。

1~2種類の乳酸菌しか入っていないサプリメントだと効き目を実感できない場合もあるのですが、
多種類の乳酸菌が入っているサプリメントならば、自分の体質に合う菌に出会いやすい上、各種乳酸菌が相互的に働いて効果が出やすくなっていますから、
多くの人が便秘解消効果や健康効果を実感できるようになるというわけです。

このような点から考えてみても、なるべく複数の乳酸菌を配合してあるサプリメントを選ぶことをオススメしています。

 
pagetop